1. 受験 70-461 – Microsoft SQL Serverを照会する 2012 : ビジネスインテリジェンスにおけるマイクロソフト認定

最初の試験では、Microsoftを照会する能力をテスト SQLサーバー 2012, その意味では、主にSQLの知識をテストします.

スキルが測定され、次の:

  • データベース·オブジェクトを作成し (24%)
    • 表 – ALTER; DROP; 列を変更; CREATE
    • 閲覧 – CREATE, ALTER, DROP
    • プロシージャとファンクション
    • 強制的な – 制約を定義; ユニーク制約; デフォルトの制約; 主キーと外部キー
    • DMLトリガ – ネストされたトリガー; トリガーの種類; アップデート機能; セッションで複数のローを処理; トリガーのパフォーマンスへの影響
  • データを操作する (27%)
    • SELECT
    • サブクエリ – 問い合わせ計画; ピボットとアンピボット; 演算子を適用; CTE声明; with文
    • データの種類 – データ·タイプの使用, GUIDの影響 (変更, newsequentialid) データベースのパフォーマンスに
    • 集計クエリ – 新しい分析関数; グルーピング·セット; 空間的凝集; ランキング関数を適用
    • XMLデータを照会および管理
  • データを変更します (24%)
    • ストアドプロシージャを作成し、変更する
    • INSERTを使用してデータを修正する, UPDATE, およびDELETEステートメント
    • UNIONとUNION ALL
    • 関数での作業 – 決定論的理解, 非決定的関数; スカラーとテーブルの値; 内蔵のアプライスカラー関数; ユーザー定義関数を作成し、変更する (UDFの)
  • トラブルシューティングと最適化
    • クエリの最適化 – 統計を理解する; クエリプランを読む; プランガイド; のDMV; ヒント; 統計IO; 対動的. パラメータ化クエリ; 別の加入タイプについて説明 (HASH, MERGE, LOOP) 及びそれらが使用されるシナリオについて説明
    • トランザクションの管理 – マーク·トランザクション; トランを開始理解, コミット, とロールバック; 明示的なトランザクション対暗黙の; 分離レベル; ロックの範囲と種類; TRANCOUNT
    • 行ベースの操作の使用を評価対. セットベースの操作 – カーソルを使用するときは; スカラーUDFの影響; 複数のDML操作を組み合わせる
    • エラー処理を実装 – のtry / catch /スローを実装; 利用セットベースではなく、行ベースのロジック; トランザクション管理

質問の数: 45-55
質問の種類: 複数の選択肢 (scernario質問があるかもしれ)
合格点: 700 (これが意味するものではありません 70%. 各質問は、スコアが与えられる。)
タイムリミット: 120 分

戻るメインメニューへ

返信を残します